SAMZ Artist

石田雄治/Yuji Ishida

プロフィール

大学卒業後にCBSソニー、ギャガ、ポニーキャニオンで音楽制作・宣伝や洋画買付け、映像制作に携わり
2002年にアミューズ入社後より本格的に映画制作を始める。
2010年から日活に企画製作部エグゼクティブプロデューサーとして在籍、映画以外にテレビ・ドラマや
AKBなどのミュージックビデオも多数手掛ける。
2018年に日活を退社後は映像だけでなく様々な分野でコンテンツビジネスを展開している。
因みにポニーキャニオン音楽制作在籍時にthe OYSTARSの宣伝プランニングを担当した事がある。

出生地

東京都世田谷区

職業

コンテンツ・プロデューサー

主な作品

『八日目の蝉』
『告白』
『下妻物語』

受賞

■日本アカデミー賞作品賞受賞
『告白』
『八日目の蝉』

■その他の賞
エランドールプロデューサー賞(2011年)

映画

2LDK(ザナドゥー、2002年) - プロデューサー
荒神(ザナドゥー、2002年) - プロデューサー
銃声 LAST DROP OF BLOOD(ザナドゥー、2003年)-プロデューサー
下妻物語(東宝、2004年) - プロデューサー
隣人13号(メディア・スーツ、2005年)-アソシエイトプロデューサー
嫌われ松子の一生(東宝、2006年) - プロデューサー
いちばんきれいな水(アミューズソフトエンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ、2006年)- 企画
アヒルと鴨のコインロッカー(ザナドゥー、2007年) - アソシエイトプロデューサー
自虐の詩(松竹、2007年) - プロデューサー
雨の翼(日活、2008年) - プロデューサー
パコと魔法の絵本(東宝、2008年) - プロデューサー
GSワンダーランド(日活、2008年)-製作
ララピポ(日活、2009年) - プロデューサー
悪夢のエレベーター(日活、2009年) - 共同プロデューサー
パーマネント野ばら(ショウゲート、2010年) - プロデューサー
告白(東宝、2010年) - プロデューサー
さんかく(日活、2010年) - 企画
八日目の蝉(松竹、2011年) - 企画
荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE(ショウゲート、2012年) - プロデューサー
脳男(東宝、2013年) - 企画プロデュース
許されざる者(ワーナー・ブラザース映画、2013年) - ゼネラルプロデューサー
クロユリ団地(松竹、2014年) - シニアプロデューサー
Seventh Code(日活、2014年) - エグゼクティブプロデューサー
トワイライト ささらさや(ワーナー・ブラザース映画、2014年) - 企画・プロデューサー
人生の約束(東宝、2015年)-プロデューサー
ヒメアノ〜ル(日活、2016年)-企画
ヒーローマニア-生活-(東映・日活、2016年)-企画
散歩する侵略者(松竹、2017年)-企画プロデュース
ユリゴコロ(東映・日活、2017年)-プロデューサー
サニー/32(日活、2018年)-企画

テレビドラマ

天然少女萬(WOWOW、1999年)-プロデューサー
天然少女萬NEXT-横浜百夜篇(WOWOW、1999年)-原案・プロデューサー
スカイハイ(テレビ朝日、2003年)-プロデューサー
紺野さんと遊ぼう(WOWOW、2008年)-エグゼクティブプロデューサー
マジすか学園(テレビ東京、2010年) - プロデューサー
マジすか学園2(テレビ東京、2011年) - プロデューサー
荒川アンダー・ザ・ブリッジ(毎日放送・TBS、2011年)-プロデューサー